犬の去勢

犬の去勢とはどのようなものなのでしょうか。方法なども気になりますが、メリットと共にデメリットもあるようです。費用のことも気になります。愛犬に去勢の処置をするかどうか迷っている飼い主さんもいることでしょう。ここでは、そんな犬の去勢について考えてみます。

犬の去勢のメリット・デメリット

ここでは、犬の去勢のメリット・デメリットについて解説します。オス犬とメス犬とでは犬の去勢に関して若干違うので、分けて考えます。

オス 犬の去勢
オスの犬の去勢を行うことには、「攻撃性が緩和される可能性がある。」「前立腺の病気や肛門周囲腺腫の病気の発生率が下がる。」「放浪やマーキング、発情期の雌犬に対する過剰な反応などが無くなる。」などのメリットがあります。
反対に、オスの犬の去勢を行うデメリットとしては。「一時的に、身体的苦痛と精神的ストレスを強いることになる。」「肥満になりやすい傾向にある」等があげられます。

メス 犬の去勢
メスの犬の去勢には、「望まれない子犬の出産が行われなくて済む。」「発情が無くなり、発情期に部屋を汚されることや、近所の雄犬などに対する気遣いの必要もなくなる」「乳がん、子宮の感染症や子宮・卵巣の腫瘍といった生殖に関する器官の病気の発生率が下がる。」というメリットがあります。
一方、メスの犬の去勢のデメリットは、「手術は開腹手術となるので、一時的に身体的苦痛と精神的ストレスを強いることになる。」「肥満になりやすい傾向にある」などがあります。

犬の去勢 - 停留睾丸

犬の去勢は犬が停留睾丸の場合はする必要があります。停留睾丸とは、陰嚢に睾丸が片方ないしは両方降りていない場合のことをいいます。つまり睾丸が産まれて数ヶ月たっても腹腔内にあり、陰嚢に降りてこないことを停留睾丸と呼ぶのです。この場合犬は、ホルモン疾患になる場合もあるため、腫よう化してからでは遅いので、去勢の処置をして取り除いてあげなければいけません。

犬の去勢 - 前立腺肥大

前立腺はテストステロンの影響を受け、生涯を通して徐々に大きくなり、高齢時に巨大化し排泄機能に影響する可能性があります。テストステロンの影響を受けた前立腺は感染を起こしやすく、解決方法は去勢しかないといえます。犬の去勢は、前立腺を縮小させ、前立腺炎や加齢に伴う前立腺肥大の悪影響を予防することができるのです。前立腺がんの予防効果はありません。

犬の去勢の費用

愛犬のためとはいえ、やはり気になるのは犬の去勢のオペにかかる代金です。犬の大きさによってもかかる費用は変わってきますが、メスの避妊よりもオスの犬の去勢の方が、若干料金が安いのが普通です。開腹するかしないかで大きく変わってくるのです。犬の大きさによって違いますが、犬の去勢にかかる料金はおおよそ15キロ未満で15,000円から20,000円前後が普通でしょう。

いつ 犬の去勢 を行う?

犬の去勢は8週齢以上から可能です。春期発動前(一般に6ヶ月)に去勢した犬は、その後去勢した犬よりも少し大きくなる傾向があります。
また、老齢犬であっても、前立腺が大きいときには縮小させる一番よい方法として犬の去勢を行うべきです。
以前は犬の去勢を行う年齢は6ヶ月前後がいいとされ、多くの獣医師はいまだこの年齢を推奨していますが、以前から言われている犬の去勢による利点は、犬の去勢実施年齢にかかわりはありません。